FC2ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



TENSAI学校

Category: 派遣中  

キルギスの首都ビシュケクには、TENSAI学校という日本の教育を取り入れた学校があります。先日、TENSAI学校を訪問し、お話を聞く機会がありました。経営者の方は、キルギス共和国日本開発センターのビジネスコース(ミニMBA:MBAは経営学修士)の卒業生であり、日本での滞在経験もあるキルギス人です。日本人とキルギス人は、顔立ちだけでなく、価値観なども似ている部分が多く、キルギス人にとって日本式教育は受け入れられやすいということで2018年9月にTENSAI学校は開校しました。現在は、0年生(就学前教育)と1年生の約30人が学んでいます。これから毎年、学年が増えていきますが、1学年16人までとし、少人数ならではの教育の質的向上を目指していくそうです。生徒たちは、日本の空手やそろばん、墨絵などを学ぶだけでなく、ゴミの分別や時間を守ること、教室の掃除など日本の学校で大切にしている価値観も学びます。時間については、朝8時35分には門が閉鎖されたり、迎えに来る保護者の方が遅れてしまった場合は、追加料金を払わなければいけなかったり、とても厳しいルールが設けられています。また、キルギスでは、珍しいことですが、給食もあります。生徒たちが作った野菜を使用したり、給食を通して栄養について考えたり、日本の食育に近い取り組みも行っています。経営者の方は、キルギスの教育に足りないと感じることを日本の教育を取り入れることで補うようにしていると言っていました。この遠く離れたキルギスで日本の教育が評価され、実際に取り入れられていることは、本当に嬉しいことだと感じました。今回お話を伺い、私自身、日本の教育について見つめ直す良い機会になりました。お忙しいところ、お時間を割いていただき、ありがとうございました。TENSAI学校のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

TENSAI学校
te学校

授業の様子
te授業

空手の授業
空手
スポンサーサイト



 2019_06_05



キルギスは、引き続きラマダン期間で、6月4日頃に終了します。その後は、ラマダン明けの祝日、イード期間になります。イード期間は、ラマダンの開始日や終了日もそうですが、新月の観測によって決まるので、直前に発表されるようです(6月5日になりました)。ラマダン期間中は、レストランなどの飲食店も食事が可能な日没後から開店する店も多いです。レストランなどでは、ラマダン期間中の日の出と日没の時間が書かれたものがよく掲示されています。ラマダン期間中の日没後の食事を「イフタール」と呼びますが、普段とは異なる豪華な食事になります。先日、教育局でも日没後にイフタールの食事をみんなで楽しみました。

さて、先日、教育局主催の英語教育セミナーが開催されました。テーマは、前回に引き続き、アクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)についてです。英語圏の文化や音楽を題材に様々な実践が行われました。私は、2つのアクティビティを先生方に紹介し、体験してもらいました。キルギスの先生方は、ペア・グループワークをする際に、クラスがうるさくなってしまうことを気にすることが多いので、今回のセミナーでは、人数が多くても生徒への指示としっかりとした具体例を示すことができれば、生徒たちは真面目に取り組むことを体験してもらうことが目的でした。80人近い先生に一斉に活動を体験してもらうのは、なかなか難しかったです。目的を達成したとは言えず、反省点も多々ありますが、今後に生かしていきたいと思います。

日の出と日没の時間
オロゾ

セミナー会場の学校
学校

セミナーの様子
説明

ペアでの活動
ペア

全体での活動
全体
 2019_05_31



キルギスでは、5月5日からラマダンが始まりました。ラマダン期間中の約1か月は、日の出から日没までの飲食は一切禁じられています(全員がラマダンを行っているわけではありません。特例もあります)。外国人にラマダンの義務はもちろんありませんが、活動先では、人前で飲食を控えるなどちょっと様子を伺っています。初めてのラマダンなので周りの様子を見ながら行動していきます。

さて、3月から大学の日本語トーキングクラブに週に1回参加して、日本語を習う学生たちに教えています。大学の学部長と日本とキルギスの教育の相違点やキルギスの日本語教育事情について話す機会があり、それをきっかけに大学で日本語を教えることになりました。私は日本語を教えるための知識や技術は持っていないので、あくまでトーキングクラブとして「日本語で会話するのみ」ということと「本来の活動に支障が出ない範囲」でという条件で参加することになりました。最初はどうなるのか不安もありましたが、学生たちはとても真面目で日本語をとても熱心に勉強しています。キルギスの文化や料理などを日本語で説明してくれるので、私自身にとってもキルギスのことを知る良い機会になっています。今後も本来の活動に支障が出ない範囲で学生たちの日本語能力の向上に少しでも貢献できたら幸いです。

キルギスの学生たち
DSC00134_convert_20190506203202.jpg
 2019_05_06



キルギスの4月は日本の梅雨のように雨が降る日が多かったです。今までキルギスに来てからほとんど雨が降らなかったのに、4月だけ非常に雨の日が多く不思議に感じていますが、これからはキルギスで一番良い季節になるので楽しみに待つことにします。
4月も引き続き19校の約100人の先生を対象にワークショップを行うことができました。現在は、ビシュケク市内の各学校でのワークショップを主な活動としていますが、キルギスの英語教師との意見交換も踏まえ、以下の活動にも取り組んでいきたいと思います。

1.教材作成
ワークショップのテーマとしている生徒主体のペア・グループワークの活動をまとめたものを出版またはインターネット上に公開したいと考えています。キルギスには副教材が少ないので、文法項目ごとに分類された活動集をキルギスの英語教師が手軽に活用できるようにしていきたいと思います。しかし、出版における費用などについては現在交渉中です。

2.英語教師を対象としたトーキングクラブの設立
ワークショップで各学校を訪問する中でキルギスの英語教師から英語を話すまたはブラッシュアップするための機会がほしいという意見が多くありました。キルギスも日本と同じように学校以外で英語を話す機会はあまり多くありません。現在、5月に1回トーキングクラブを実施して、夏休み明けの9月から定期的に月2回実施できるようにカウンターパートと相談をしているところです。なるべくキルギスの英語教師が企画・運営できるようしていきたいと考えていますが、なかなか時間がかかりそうです。

3.スカイプ授業の促進
2月に1回実施しましたが、引き続き多くの学校でスカイプ授業を実施していきたいと思います。スカイプ授業の目的は、英語教師がスカイプの使い方に慣れること、生徒たちが共通語としての英語の役割を実感することです。現在、日本の6校と交渉中ですが、なかなか予定を合わせることが難しく、こちらも調整中です。

今までの主な活動である各学校でのワークショップおよびビシュケク市教育局主催のセミナーに加えて、上記の活動を行っていきたいと思います。一つも順調に進んでるものはありませんが、できる限り実現できるようにしていきます。

ワークショップ
ワーク

感謝状をいただきました。こちらこそ感謝です。
感謝状

【おまけ】
カザフスタン(アルマトイ)
アルマトイ

カザフスタン(アスタナ改めヌルスルタン)
アスタナ②

アスタナ①
 2019_05_02



ビシュケク市内の学校で、引き続き英語教師を対象にワークショップを開催しました。3月は、14の学校、約100人の教師と英語教育について意見交換する機会を持つことができました。最初のころは、自分のプレゼンテーションだけに集中してしまう傾向がありましたが、ワークショップも2か月目に入り、キルギスの英語教師の様子を伺いながら対話形式で進めることができるようになりました。現在は、実践するアクティビティの数を減らし、自由度を高くしたペア・グループワークを取り入れるなど、キルギスの英語教師の特徴を踏まえた形で実施しています。また、キルギスでは、ワークショップの後に、必ずチャイ(お茶・軽食)の時間があります。チャイの時間は、キルギスの英語教育事情および生徒の学習状況などの情報を共有するためのとても良い機会になっています。残り1年の活動となりましたが、できるだけ多くの先生方と一緒に英語教育の質的向上に努めていきたいと思います。

グループワークの実践
グループワーク

記念撮影
証明書4

チャイの時間
お茶

春の花・杏(桜に似ている)
アンズ
 2019_04_07




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

chusugijocv

<大塚 圭>
JICAの現職教員特別参加制度を活用してキルギス共和国で青年海外協力隊員として活動しています。
職種:青少年活動(英語教育)
配属先:ビシュケク市教育局
期間:2018年7月~2020年3月

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.