検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




今週から現地語学学習が始まったので、現在習っているキルギス語とロシア語について紹介します(まだまだ勉強中ですが)。キルギスでは、国語がキルギス語、公用語がロシア語で多くの人が二つの言語を話します。どちらもキリル文字を使用していますが、キルギス語が36文字、ロシア語が33文字とキルギス語の方が3個キリル文字(ҮҢӨ)が多いのが特徴です。同じ文字を使用しているため、キリル文字の読み方を覚えればどちらの言語も読むことはできますが、文法や語彙などは異なります。
例)
китеп(キルギス語) книга(ロシア語) :本
дептер(キルギス語) тетрадь(ロシア語) :ノート

また、помидор(トマト)やресторан(レストラン)など発音は多少異なりますが、キルギス語とロシア語のどちらでも使用されているものもあります。キルギス人は、話しているときにキルギス語の単語とロシア語の単語を意識しないで両方使用しているような気がします。ちなみにресторан(レストラン)でもわかるように英語のRの音がキリル文字ではPになったり、キリル文字のт、пを筆記体で書くと英語のm、nのような文字になったりするため、英語学習者は混乱します(私は今でも英語読みしてしまい注意されます)。

キルギス語はほとんど語順が日本語と同じで、さらに意味を示す語幹に文法を示す接尾辞がつくことによって言葉が作られていくことも同じです。そのため日本人には習いやすい言語だと言われています。
例)
Мен жогорку мектепте англис тил мугалим болуп иштейм.
(私は高校で英語教師として働いています。)
日本語とまったく同じ感覚で単語を並べていくことができます。

一方、ロシア語の特徴は複雑な文法ルールになります。ロシア語の名詞には、男性・中性・女性があり、さらにロシア語には主格・生格・与格・対格・造格・前置格という6つの格があり、名詞や形容詞、動詞が格によっていろいろと変化します(格変化)。
例)
Я хочу кофе с молоком.(私はミルク入りのコーヒーがほしい)
Я хочу кофе без молока.(私はミルクが入っていないコーヒーがほしい)
ミルクを表す名詞молокоが格によってさまざまな形になります。新潟НиигатаがНиигатуに変わることもあります。

キルギス語とロシア語は同じキリル文字を使っていても似て非なる言語ですが、その違いを楽しみながら今後も学習を続けていきたいと思います。
Главное не сдаваться, а стараться!

語学学校
語学学校

オシュ・バザールで語学練習
オシュバザール

二言語表記(上がロシア語・下がキルギス語)
2言語表記
スポンサーサイト
 2018_07_21



キルギスに到着して1週間が過ぎました。まだ短い期間の滞在ですが、首都ビシュケクについて少し紹介します。ビシュケクの人口は約92万人で、キルギス人、ロシア人、カザフ人など多くの民族が生活しています。樹木が多く、道路は南北と東西に走り、建物は整然と並ぶきれいな街です。キルギス人の顔は日本人と似ていることもあり、笑顔で気さくに話しかけてくれます。ビシュケクでは、キルギス語とロシア語が併用されていて、さらに英語を話す人もいるため、「言語」についてとても敏感で慣れない言語で話しかけても真摯に耳を傾けてくれます。とても落ち着いた過ごしやすい街だと感じています。来週からは語学学習が始まるので、できる限りキルギス語とロシア語を習得できるように頑張ります。
参考:地球の歩き方(中央アジア)

アラ・トー広場:ビシュケクの中心部アラトー広場

オルトサイ・バザール:日常生活で必要なものがすべて手に入ります。
オルトサイバザール3

ナン(=パン)はキルギス人の食事に欠かせません。
オルトサイバザール2

ラグマン:うどんに似た麺に野菜を煮込んだスープをかけた料理
ラグマン
 2018_07_16



7月9日(月)に日本を出国してロシアのモスクワ経由でキルギスに到着しました。空港から1か月だけ住むアパート(ルームシェア)に移動しました。その後、JICAキルギス事務所でのブリーフィングを行い、夜は協力隊の先輩隊員の方たちと食事をしました。キルギスは思っていたよりも暑く、今日は37度もありました。これから冬になると-30度になるとは想像もできない暑さです。また、キルギスの街では、キルギス語、ロシア語、英語が日常的に使用されていて、多言語が入り混じる不思議な空間にいる感じです。本当に面白そうな国だなというのが私の第一印象です。

空港集合写真
見送りの方も一緒に記念写真
アパート
仮アパートの外観
アパート部屋
仮アパートの部屋
キルギスでの料理
キルギス料理
 2018_07_11



2018年7月3日(火)に河野太郎外務大臣主催のJICAボランティアとの懇談会が外務省飯倉公館にて開催されました。帰国したボランティアやこれから出発するボランティア、また大学連携や民間連携で関わりのある人が参加しました。河野外務大臣からは草の根外交としての協力隊の役割や期待、感謝の言葉が述べられ、私自身、これからの任地での活動について改めて身が引き締まる想いです。また、河野外務大臣が一つひとつのテーブルを回り、参加者の活動経験談や今後の抱負等について懇談をさせていただく機会になりました。

【報道発表】
河野外務大臣主催JICAボランティアとの懇談会の開催
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006207.html
https://www.youtube.com/watch?v=ZQKB9FZslEc

飯倉公館

外務大臣

懇談会

集合写真
 2018_07_08



キルギス共和国の基本情報をお伝えします。

位置:ユーラシア大陸のほぼ中央に位置する山岳の国(中央アジアのスイスと呼ばれている)
t05map[1]
http://hatimitu.zouri.jp/img/t05map.jpgより

国旗:国民からデザインを募集して作られた。赤字に黄色い太陽と、その中にトゥンドゥク(祖国と宇宙を表す)と呼ばれるユルタの天窓が描かれている。太陽が放つ40条の光は、国民を構成する代表的な40の部族を表わしている。

面積:約19万8500k㎡(日本の約半分)

人口:約612万人(2017年)

首都:ビシュケク

民族構成:キルギス系(72.6%)、ウズベク系、ロシア系、ドゥンガン系、タジク系、ウイグル系、タタール系、ウクライナ系など

宗教:イスラム教。主としてイスラム教スンニ派(75%)、ロシア正教(20%)、その他(5%)

言語:国家語はキルギス語・公用語はロシア語

国歌(聞いてみてください):キルギスの自然や歴史に触れながら、自由に向かって進んでいこうという思いが込められている国歌

政治:政治体制は共和制であり、国民による直接選挙で大統領と議員が選出される。

料理:遊牧文化の国・キルギスの料理には何といっても肉が欠かせない。特に羊肉、馬肉、牛肉が好まれている。
料理キルギス
キルギス料理に挑戦!!

カラジョルゴ(踊ってみてください):キルギス人なら誰でも知っている有名な踊り
カラジョルゴ
カラジョルゴを練習!!

ビシュケク
首都ビシュケク
マック?
マクドナルド?

参照:地球の歩き方(中央アジア)・キルギス共和国政府観光局など
 2018_06_28




06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

chusugijocv

<大塚 圭>
JICAの現職教員特別参加制度を活用してキルギス共和国で青年海外協力隊員として活動しています。
職種:青少年活動(英語教育)
配属先:ビシュケク市教育局
期間:2018年7月~2020年3月

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.